埼玉東京 太田道灌公史跡を巡るツーリング
龍穏寺・山吹の里公園・芳林寺
 (2014/08/13)
傘マークの多い週間予報の中 傘マークが無い・・・
お盆ということで お休みにして お出かけ・・・
まだ 後北条氏などが武蔵国に進出してくる前の時代 「江戸城」などを築城 江戸時代 道灌さんと親しまれた 無敗の武将で歌人
扇谷上杉家の家宰 太田道灌公(1432年〜1486年)の史跡巡りです

7時出発して 先ずは 奥武蔵に向かいます
国道463 国道299 県道30 県道61を西 山奥へ 越生町龍ケ谷
「龍穏寺」
想像より立派なお寺でしたよ
江戸城の石垣に使用されていた石と道灌像と親子並んでの墓があります
林道を進んで
「自得軒砦」(三枝庵)
道灌公生誕の地
かなりの山奥 山道の入口の道標を発見しましたが・・・
「私有地に付関係者以外立入禁止」の立札 ロープも張られています・・・流石に入って行けません・・・残念
以前は入って行けたようであが・・・
地主さんと役人さんとの間で擦れ違いがおきてしまったのでしょうか・・・それとも ダメダメ訪問者でもいたのかな・・・
山を下りはじめた所で
「戸神代官屋敷」
江戸時代の屋敷なので 道灌公とのかかわりはまったく無しです
屋敷と井戸が残ってます
山を下り 越生梅林辺りまで戻って
「太田道真館」
父 道真の隠遁の館
今は 「建康寺」 遺構らしき物は無く案内板のみですが いい雰囲気の所です
越生駅近くまで戻って
「山吹の里公園」
道灌公が歌人になるきっかけ逸話「山吹伝説の地」
八重のヤマブキの花が少し咲いてました
山吹伝説の地は 都心にもいっぱいあるようですが・・・
県道39 県道269を東へ 川島町表
「太田道灌陣屋」
北武蔵進出の為の陣屋でしょうか・・・今は 「養竹院」 水堀が残ってます
県道339を東へ さいたま市北区奈良町
「三貫清水緑地」
道灌公がこの水は美味いと言った逸話「三貫清水の地」
鎌倉街道脇にあって いい雰囲気の保存区域になってます
小さな池がいくつかありますが・・・残念ながらすごく綺麗ってわけではありませんでした・・・
さいたま市岩槻区
「岩槻城」は 道真 道灌公親子の築城と思われていましたが近年 新たな史料が見つかり 成田正等氏が築城が有力に・・・
今回は岩槻城址はパスして 回りにある道灌像巡り
「芳林寺」
太田家墓と道灌立像と馬上の道灌像 太田氏資座像などがあります
「旧岩槻区役所」
今年移転してました 今週末の「岩槻まつり」後 取り壊しが始まるようです
道灌像はありましたが どうなるのでしょうかね・・・

朝は曇って寒い位でしたが 昼を過ぎて太陽も出て猛暑ですよ・・・
国道122を南へ 北区赤羽西
「稲付城」
築城 以前寄ったのでかるく写真を撮ってスルー
北区上中里
「平塚城」
豊島氏の城で 攻め落としました
今は 「平塚神社」 遺構は無いようで 駐車場有料なので 外から案内板と遠景を撮ってスルー
荒川区西日暮里
「道灌山」
築城の出城があったと推定されてます
今は 「西日暮里公園」
一方通行 進入禁止に阻まれて近づけない・・・仕方なく遠景のみを撮ってスルー
少し移動して荒川区西日暮里
「日暮里駅」
馬上の道灌像

次 「江戸城」に行きたいところだけど 広く遺構も多く時間的に無理なのでパスします
「山吹の里碑」
神田川面影橋近くにひっそりあります
都道440 中野区沼袋
「沼袋陣屋」
江古田原合戦の陣場
今は 「氷川神社」 戦勝を祈願して献植した「道灌杉」近年枯れてしまって跡地のみです
中野区松が丘
「江古田原古戦場」
豊島泰経・泰明親子との戦い
江古田公園に石碑と案内板があります
都道245 練馬区上石神井
「愛宕山塁」
石神井城攻めの陣城
今は 「早稲田高等学院」 流石に学校内入れません 遺構は無いようです

石神井川の対岸の「石神井城」は 天気も少々怪しく 以前行ったのでスルーして帰って来ました
 7時に出発 17時半帰宅 10時間半 194Kmの旅でした

スルーの多いツーになりました・・・
都心部のマイナー史跡は バイク駐車場 駐車スペース無かったりします・・・
次回は 道灌公暗殺地 神奈川県伊勢原市中心のパート2かな・・・


140813.jpg(118400 byte)
ツーレポトップ